もっと浅く、もっと軽く > ブルース・スプリングスティーンのBound for Glory
レコードショップ芽瑠璃堂もっと浅く、もっと軽く > ブルース・スプリングスティーンのBound for GloryfacebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2012年4月8日 CD
ブルース・スプリングスティーンのBound for Glory
 ちまたでは彼の新作が話題(試聴したら格好良かった)だが、彼がデビューした頃、1973年のラジオライヴCDが、今年の1月に出たことは話題になっていたのだろうか?営業に行った名古屋のタワーでは試聴コーナーにあったが、買いに行った新宿タワーレコードでは在庫棚の中に仕舞ってあって見つけられなかった(たまたまかもしれないけど)。店舗によって評価が違うのだとしたら、健全で良いと思う。
 試聴もせずに、どうしても聴きたかった理由は、村上春樹の「意味がなければスイングはない」を読んだからだ。このコラムのカテゴリー「本」にあるのでぜひ読んでみてください。↓
http://www.clinck.co.jp/merurido/_friends/00007/index.php?src=cate&key=%CB%DC
 このCDに居るスプリングスティーンは、まさにこの本に居るスプリングスティーンだ。真摯で、もがいていて、なんとか伝えようとしている。買って良かったと思うし、本に触発されて聴くCDという経験も面白かった。
 恥ずかしながら「does this bus stop at 82nd street」は初めて聴いて、素敵なコード進行だなあと思った。思った後、ザ・バンドのコードだなあと気付いた。この時代、良質な音楽の見本として、当然影響受けているのだろう。
 ラジオの中で、スプリングスティーンは司会者から「コロンビアのレコーディングアーチスト、ブルーススプリングスティーンです」と紹介されている。日本だと、演歌の方が「テイチクの誰々です」なんて紹介の仕方をするけど、そんな感じだったのかな。
 
 4月14日の土曜日、赤坂グラフィティにて、バンドにてライヴします。アコギとエレキの両方のバンドで演奏するので、楽しめると思います。出番は8時から。ぜひ観に来てくださるよう、お願いします。
http://www.moz.co.jp/graffiti/schedule/
福岡英朗
歌とギター。
日付毎
2017年1月 (1)
2016年11月 (1)
2016年10月 (1)
2016年9月 (1)
2016年7月 (1)
2016年6月 (2)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (2)
2015年9月 (1)
2015年8月 (1)
2015年6月 (1)
2015年4月 (1)
2014年11月 (1)
2014年8月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (3)
2013年11月 (4)
2013年8月 (1)
2013年7月 (1)
2013年5月 (1)
2013年3月 (3)
2013年2月 (1)
2013年1月 (2)
2012年12月 (1)
2012年10月 (1)
2012年9月 (1)
2012年8月 (1)
2012年6月 (1)
2012年5月 (3)
2012年4月 (1)
2012年2月 (1)
2011年11月 (1)
2011年9月 (1)
2011年8月 (1)
2011年5月 (1)
2011年4月 (1)
2011年2月 (1)
2010年11月 (1)
2010年9月 (1)
2010年7月 (2)
2010年6月 (2)
2010年5月 (2)
2010年4月 (3)
2010年3月 (2)
2010年2月 (1)
2010年1月 (1)
2009年12月 (1)
2009年11月 (2)
2009年10月 (1)
2009年9月 (2)
2009年8月 (1)
2009年7月 (2)
2009年6月 (2)
2009年5月 (2)
2009年4月 (2)
2009年3月 (3)
2009年2月 (4)
2009年1月 (4)
2008年12月 (2)
2008年11月 (6)
2008年10月 (4)
2008年9月 (5)
2008年8月 (2)
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.