ポップス再前線 > チャリティー♪
レコードショップ芽瑠璃堂ポップス再前線 > チャリティー♪facebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2016年8月5日 チャリティー♪
「We Are The World」しか知らない子供たち。。。
大学での半期講座「ポピュラー音楽産業論」(龍谷大:経)の定期試験、採点終了〜♪今年度もまた‘分類’してみました。全15回の授業を7つの項目に整理、どれかひとつを選んで自らの認識・見識をなにするというものなんですが、毎年似た傾向になりますな。今回もまた‘チャリティー’ものがトップ・セレクションでしたわ。上から順にあれすると。。。 [1]音楽産業とチャリティー(We Are The World関連、 ...
続きを読む
2014年11月18日 チャリティー♪
バンド・エイド30周年♪
「国境なき医師団」へ以前、何度か寄附してたんでちょくちょく‘案内’が届きます。先日も「感染拡大が続くエボラ出血熱−今すぐ国際社会の援助が必要なのです」と記された封書が届きましたんで早速、振込みの準備をなに致しました。 そんな直後に、ボブ・ゲルドフ(ブームタウン・ラッツ)が‘バンド・エイド’を一緒に立ち上げたミッジ・ユーロ(スリック〜ウルトラヴォックス)と‘エボラ支援’を掲げて再び「ドゥ・ゼイ・ノ ...
続きを読む
2011年5月3日 チャリティー♪
オバマとオサマ
もうなんでこないうまい具合?にネタを繋いでくれるのかっちゅうぐらいで。。。いよいよ‘チャリティー盤’の続きをあれせなあかんなぁとおもてたら「オサマ・ビンラディン殺害」って。。。‘セプテンバー・イレヴン’(2001.9.11)=同時多発テロの際には関連するチャリティー・アルバムが相次いで出てたしそろそろ書き留めとこかいなと思っておりましたもので。 しかしその前にちょっとあれしとかんとね。えっな ...
続きを読む
2011年4月24日 チャリティー♪
チャリティー盤(スマトラ沖の場合)
東日本大震災以前で津波の大災害と言えばすぐに思い出されるのが2004年の暮れ12月26日に発生したインドネシアのスマトラ島沖地震(マグニチュード9.3)。襲来する津波の驚愕の映像が今だ脳裏に焼き付いてますが、周辺各国に甚大な被害を及ぼして22万人の方が亡くなり13万人の方が負傷。あまりのことに実感がわかんかったぐらいでしたが、この時、素早く支援に立ち上がったミュージシャンたちがいました。One W ...
続きを読む
2011年4月23日 チャリティー♪
復興支援
いやいやそらもちのろん言うまでもなくありがたいことですよ。しかし、なんかねぇ。。。物足りないっちゅうか、皆さん方はどない思われますか?昨今ようやく(?)大震災の当事国である日本でもエンタメ業界人が‘復興支援’に立ち上がり始めました。桑田佳祐が音頭取り(?)となって所属事務所アミューズのミュージシャンや俳優37組54人が集結した『チーム・アミューズ!!』が歌う東日本大震災の復興支援チャリティー・ソン ...
続きを読む
2011年4月6日 チャリティー♪
自粛文化!?
 日本の国内で起きたことやのにいち早く手ぇ挙げてあれしてくれたのがなんで海外なん?配信はすでに3月25日にスタートして大‘ベスト・セラー’やけど私らみたいな年寄りのために手慣れたパッケージ商品としてやっぱりCDも出してくれることになった2枚組「ソングス・フォー・ジャパン」。輸入盤は4/22あたりに、そして日本盤はソニー・ミュージックから5/4に急きょリリースっちゅうことで。2枚組全37曲で税込20 ...
続きを読む
上柴とおる
大阪府在住。レコードの販促紙(編集部)勤務を経て1980年にフリー独立。数多くのラジオ番組(FM/AM/衛星/デジタル)の選曲・構成・DJ、テレビ番組の構成等に携わる他新聞・雑誌への連載や「60年代音楽」等のムックにも参画。ライナーノーツ多数。1980年代ブームの火付け役「ウィ・アー・ザ・エイティーズ」(全7枚)や「マーキュリー60sポップ・コレクション」(全6枚)「A&M Recordsヒストリー100」 (5枚組)「魅惑のゴールデン・ヒット・ポップス 200」(10枚組:ユーキャン)、また往年の関西ロック系名盤の復刻などCDの企画・監修も。趣味は音楽よりも古い(?)「大衆演芸」「大相撲」。大の猫好き♪ミュージックペンクラブ・ジャパン会員。日本ポピュラー音楽学会会員。仕事関連や詳しいプロフ等については公式ブログをご覧下さい。
日付毎
2017年1月 (6)
2016年12月 (9)
2016年11月 (7)
2016年10月 (8)
2016年9月 (7)
2016年8月 (7)
2016年7月 (7)
2016年6月 (7)
2016年5月 (7)
2016年4月 (7)
2016年3月 (8)
2016年2月 (7)
2016年1月 (8)
2015年12月 (9)
2015年11月 (7)
2015年10月 (8)
2015年9月 (9)
2015年8月 (9)
2015年7月 (11)
2015年6月 (7)
2015年5月 (7)
2015年4月 (9)
2015年3月 (5)
2015年2月 (7)
2015年1月 (9)
2014年12月 (8)
2014年11月 (9)
2014年10月 (8)
2014年9月 (10)
2014年8月 (7)
2014年7月 (8)
2014年6月 (8)
2014年5月 (7)
2014年4月 (9)
2014年3月 (10)
2014年2月 (9)
2014年1月 (9)
2013年12月 (9)
2013年11月 (10)
2013年10月 (10)
2013年9月 (12)
2013年8月 (11)
2013年7月 (10)
2013年6月 (11)
2013年5月 (14)
2013年4月 (9)
2013年3月 (13)
2013年2月 (10)
2013年1月 (10)
2012年12月 (11)
2012年11月 (13)
2012年10月 (11)
2012年9月 (12)
2012年8月 (11)
2012年7月 (7)
2012年6月 (8)
2012年5月 (8)
2012年4月 (6)
2012年3月 (17)
2012年2月 (9)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (9)
2011年10月 (10)
2011年9月 (10)
2011年8月 (7)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (8)
2011年4月 (7)
2011年3月 (5)
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.