ポップス再前線 > サイン色紙♪
レコードショップ芽瑠璃堂ポップス再前線 > サイン色紙♪facebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2014年8月5日 家族♪
サイン色紙♪
8月4日の定期試験をもって今年度の大学出講スケジュールはおしまい。試験用紙の入ったデカくて重たい封筒をバッグに詰めて持ち帰りましたわ。あとは採点作業(今回は182枚分)を自宅の仕事部屋で数日かけてなにするだけですが、これが難儀でして。。。今年もまた‘汚字誤字脱字当て字おかしなテニオハ悪文’と付き合わされるんかと思うと(泣)。
で。。。ひと息あれしようと帰途、京阪の「祇園四条」に出て「南座」向かいの伝統的な洋食レストラン「菊水」にしよかどうかと迷ったけど、5月31日に初めて行った麺類と丼の老舗「おかる」(写真)を再訪することに。◇:http://loco.yahoo.co.jp/place/g-Bh4M582efBA/
ちょっと高いけどここは美味いからしゃーないんですわ。前回は「肉カレーうどん」にしたけど今回は「ミックス・カレーうどん」(牛肉と分厚いきざみ揚げ入り:1100円)を♪ 生小ビール(380円)もあれして。
相変わらず店内にはお決まり?の著名人のサイン色紙がベッタベタ(こういうのってあんまり好きやないんですけどね〜)。「南座」が近いこともあってか尾上松也(AKBの前田とかいうナニとあれしてたとかいう若手歌舞伎役者)のもありましたわ。あと杉本彩(いやらちぃ〜)、末成由美(吉本新喜劇)、烏川耕一(吉本新喜劇)、浅越ゴエ(吉本興業:大学の後輩。学部はちゃうけど)、和牛(吉本興業)。。。世間的には著名人とは言えんようなもんまで貼り付けたぁるんです(覚えてるのだけあれしたけどほんまはこの何百倍?も色紙ありますわ)。
お琴の音色が流れて若いアベック(ふるっ)でもアホ声出して騒がず静かに食事してるんで雰囲気はええねんけどなぁ。しかしサイン色紙をなにすんならもっと大御所をあれせえよと言いたいですな。松也とか私ら年寄りは店で見かけても気ぃ付きませんわ。店のスタッフはいつも男子学生みたいな子がなにしてるんでわかるんかもなぁ。しかし、若手の‘未来の著名人候補’にとっては逆に宣伝になるかもですな。「この〇〇〇って誰なん?」「ああそれはね、最近よう出てますやろ、ほれ、あの。。。」「あぁそうか、あの子かいな」てなもんでね。
ていうか、どうせなら‘ジャンル別’に区分けしといて欲しいなぁ。「役者」「お笑い」「歌い手」「体育系」「政治家(政党別で♪)」「テレビ系タレント」「いわゆる文化人(作家、映画監督等)」とかね。店の壁を見回すお客さんにも分かり易いし。無節操に貼り付けまくるのは私しゃどうかと思いますけどねぇ。
そう言えば近鉄奈良線「小阪」駅から徒歩2分ほどにあるこれまた老舗の洋食屋さん「西明陽軒」◇http://tabelog.com/osaka/A2707/A270703/27030325/ の店内に飾りつけられてるサイン色紙は。。。お相撲さんのがほとんど。それも旧二子山部屋系が多かったですわ。近くに大阪場所の宿舎があったそうで現役時代の若・貴や安芸乃島とかの色紙も。私みたいな相撲ファンにはパ〜ラダイスですな♪こういう風に特定のジャンル等で特色があったら店のカラーにもなるし、私しゃええと思いまっせ。
こちらは結構ええお値段しますけど私の好きなビフカツはとりわけ美味い!(東京から兄こが来たらこの近くに宿泊してるんで奢ってもらいますねんわ♪)。で、何でか兄こと私の‘サイン色紙’まで貼り付けられてます(もう剥がされたかも?)。偉そうなこと言うてながら。。。すんません(どこが著名人やねん!)。実はここのマスターと兄こと私の3人は揃って近くにある保育園「累徳学園」の出身者というわけで(コネで色紙書きました♪)。
上柴とおる 著
ポップス最前線〜東奔西走業界日誌
MMP005 (芽瑠璃堂 オリジナルグッズ)
在庫あり 2014年6月30日発売
ポイント特価1,944円 (定価2,160円)
上柴とおる
大阪府在住。レコードの販促紙(編集部)勤務を経て1980年にフリー独立。数多くのラジオ番組(FM/AM/衛星/デジタル)の選曲・構成・DJ、テレビ番組の構成等に携わる他新聞・雑誌への連載や「60年代音楽」等のムックにも参画。ライナーノーツ多数。1980年代ブームの火付け役「ウィ・アー・ザ・エイティーズ」(全7枚)や「マーキュリー60sポップ・コレクション」(全6枚)「A&M Recordsヒストリー100」 (5枚組)「魅惑のゴールデン・ヒット・ポップス 200」(10枚組:ユーキャン)、また往年の関西ロック系名盤の復刻などCDの企画・監修も。趣味は音楽よりも古い(?)「大衆演芸」「大相撲」。大の猫好き♪ミュージックペンクラブ・ジャパン会員。日本ポピュラー音楽学会会員。仕事関連や詳しいプロフ等については公式ブログをご覧下さい。
日付毎
2017年1月 (6)
2016年12月 (9)
2016年11月 (7)
2016年10月 (8)
2016年9月 (7)
2016年8月 (7)
2016年7月 (7)
2016年6月 (7)
2016年5月 (7)
2016年4月 (7)
2016年3月 (8)
2016年2月 (7)
2016年1月 (8)
2015年12月 (9)
2015年11月 (7)
2015年10月 (8)
2015年9月 (9)
2015年8月 (9)
2015年7月 (11)
2015年6月 (7)
2015年5月 (7)
2015年4月 (9)
2015年3月 (5)
2015年2月 (7)
2015年1月 (9)
2014年12月 (8)
2014年11月 (9)
2014年10月 (8)
2014年9月 (10)
2014年8月 (7)
2014年7月 (8)
2014年6月 (8)
2014年5月 (7)
2014年4月 (9)
2014年3月 (10)
2014年2月 (9)
2014年1月 (9)
2013年12月 (9)
2013年11月 (10)
2013年10月 (10)
2013年9月 (12)
2013年8月 (11)
2013年7月 (10)
2013年6月 (11)
2013年5月 (14)
2013年4月 (9)
2013年3月 (13)
2013年2月 (10)
2013年1月 (10)
2012年12月 (11)
2012年11月 (13)
2012年10月 (11)
2012年9月 (12)
2012年8月 (11)
2012年7月 (7)
2012年6月 (8)
2012年5月 (8)
2012年4月 (6)
2012年3月 (17)
2012年2月 (9)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (9)
2011年10月 (10)
2011年9月 (10)
2011年8月 (7)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (8)
2011年4月 (7)
2011年3月 (5)
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.