ポップス再前線 > 母と子の絆〜オカンは‘童話作家’♪
レコードショップ芽瑠璃堂ポップス再前線 > 母と子の絆〜オカンは‘童話作家’♪facebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2016年9月20日 家族♪
母と子の絆〜オカンは‘童話作家’♪
9月22日はうちのオカン(aka母親)の誕生日。1年半前(2015.2.28)に亡くなりましたけど生存してたら95歳ですわ。先日、4年と10か月の間、入居してたグループホームから案内をいただき恒例の「敬老会」へ参上しましてまたオカンのあれこれを思い出したりなにしたり。ずっと滞ってた実家の(遺品の)片づけも再開しましたが、まだまだぞろぞろ出て参ります。存命中は見るはずもなかった押入れの奥に仕舞い込まれてた段ボール箱って実はオカンの‘宝箱’でして。いや、それだけではなく貴重な‘世相・文化史’かも知れんなぁという思いがなにして参りましたのでちょっと紹介させといてもらおかなと。実はオカン、‘文学少女’やったんですわ♪私と全くおんなじというか、子供の頃に書いたもんとか描いたもん(漫画なんかも)、雑誌やらもきちんと残してまして。

第二次世界大戦に突入する時期、昭和10年代の前半あたりですわ。大正10年(1921年)生まれで昭和9年(1934年)に布施市(現・東大阪市)の私立・樟蔭高等女學校に入学(オカンは‘ええしのお嬢’やったんです♪)、同15年(1940年)に卒業すると同時に大手前の臨時教員養成所に通う傍ら尋常小學校の代用教員になりまして(戦時下で男子の教員が多数兵役に追いやられてしまいましたんで)、そうこうするうちに同じ職員室で机を並べてた後の私のオトン(aka父親)に出会ったというわけでして(そんな話はどうでもええ)。
そんなオカンは女學校時代、文章を書いてはあっちゃこっちゃ(?)に投稿しとりまして(‘生原稿’も発掘!)、それがまた次々と採用されて新聞・雑誌に掲載されてたんですな。
地元・大阪で発行されていた「関西中央新聞」(昭和15年=1940年に「夕刊大阪新聞」に統合→1942年に「大阪新聞」と改題)には同紙が募集していた「女と兵隊」シリーズ?に見事入賞。昭和14年(1939年)1月1日〜3日の3回に渡って写真付きで掲載されましたが、「兄を偲ぶ一年」の題がついていてます(昭和12年に戦死)。

戦死した我が子を巡る父母(私の爺ちゃん&婆ちゃん)の思い、姉たち(オカンは末っ子)と自身の心の葛藤などを長文にしたためてます。3回分ながらすごい文量!私のラーナー原稿もやたら長いですが、そんなどころやないですからね、しかも中身があります。読んでたらまるでその場に居合わせているような巧みな描写。。。10代の頃のオカンがそんな少女時代を過ごしていたとはなぁ。新聞の紹介文には「軍国の女學生、北浦九壽榮さん」と。そういう時代でした。新聞そのものは77年の歳月が経過するもまだ腐らんと読めます。他の記事や広告も非常に興味深いでっせ♪(大相撲や映画とかたまりませんわ)。

もひとつ、NHK(まだラジオだけの時代)が発行してた月刊誌「子供のテキスト」(放送内容に関する記事を中心に読み物や読者投稿も)には自作の童話を投稿してまして、複数回入賞してたようです。遺されてるのは昭和12年10月号と同13年8月号。ちょうどJK(女子高校生)の頃。プロの画家による挿絵まで付けてもらっていっぱしですわ。「日傘」「笑った案山子」。何という可愛らしい文章かと♪ 

「昔、童話を書いて賞とったこともあるんや」とは聞かされてましたけど‘証拠’を見たのは没後でした。。。童話作家になりたかったのに時代が時代ですわな。土地の顔役?でもあったオカンの父親(私のお爺ちゃん)が亡くなり(オカンの結婚前に逝去。私しゃ顔を知りません)、小学校卒で財産もない小学校教員のオトン(大検とって関西大学商学部二部中退)と結婚して長屋の住人に。やりたいことやなりたいものがあったのに、専業主婦にならざるを得んかったオカン。手先が器用で本来は設計図をなにする仕事とかをやりたかったのに生活のために(親兄弟の面倒見もあって)安定した職業(教員=公務員)を選ばざるを得んかったオトン。両親が私ら兄弟をそれぞれ好きな道に進ませてくれたのは、そんな思いが背景にあったからではないかと思いますわ(今日はなんか神妙やな)。
上柴とおる 著
ポップス最前線〜東奔西走業界日誌
MMP005 (芽瑠璃堂 オリジナルグッズ)
在庫あり 2014年6月30日発売
ポイント特価1,944円 (定価2,160円)
上柴とおる
大阪府在住。レコードの販促紙(編集部)勤務を経て1980年にフリー独立。数多くのラジオ番組(FM/AM/衛星/デジタル)の選曲・構成・DJ、テレビ番組の構成等に携わる他新聞・雑誌への連載や「60年代音楽」等のムックにも参画。ライナーノーツ多数。1980年代ブームの火付け役「ウィ・アー・ザ・エイティーズ」(全7枚)や「マーキュリー60sポップ・コレクション」(全6枚)「A&M Recordsヒストリー100」 (5枚組)「魅惑のゴールデン・ヒット・ポップス 200」(10枚組:ユーキャン)、また往年の関西ロック系名盤の復刻などCDの企画・監修も。趣味は音楽よりも古い(?)「大衆演芸」「大相撲」。大の猫好き♪ミュージックペンクラブ・ジャパン会員。日本ポピュラー音楽学会会員。仕事関連や詳しいプロフ等については公式ブログをご覧下さい。
日付毎
2017年1月 (6)
2016年12月 (9)
2016年11月 (7)
2016年10月 (8)
2016年9月 (7)
2016年8月 (7)
2016年7月 (7)
2016年6月 (7)
2016年5月 (7)
2016年4月 (7)
2016年3月 (8)
2016年2月 (7)
2016年1月 (8)
2015年12月 (9)
2015年11月 (7)
2015年10月 (8)
2015年9月 (9)
2015年8月 (9)
2015年7月 (11)
2015年6月 (7)
2015年5月 (7)
2015年4月 (9)
2015年3月 (5)
2015年2月 (7)
2015年1月 (9)
2014年12月 (8)
2014年11月 (9)
2014年10月 (8)
2014年9月 (10)
2014年8月 (7)
2014年7月 (8)
2014年6月 (8)
2014年5月 (7)
2014年4月 (9)
2014年3月 (10)
2014年2月 (9)
2014年1月 (9)
2013年12月 (9)
2013年11月 (10)
2013年10月 (10)
2013年9月 (12)
2013年8月 (11)
2013年7月 (10)
2013年6月 (11)
2013年5月 (14)
2013年4月 (9)
2013年3月 (13)
2013年2月 (10)
2013年1月 (10)
2012年12月 (11)
2012年11月 (13)
2012年10月 (11)
2012年9月 (12)
2012年8月 (11)
2012年7月 (7)
2012年6月 (8)
2012年5月 (8)
2012年4月 (6)
2012年3月 (17)
2012年2月 (9)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (9)
2011年10月 (10)
2011年9月 (10)
2011年8月 (7)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (8)
2011年4月 (7)
2011年3月 (5)
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.