ポップス再前線 > 続・母と子の絆〜オカンは‘芸術家’!?
レコードショップ芽瑠璃堂ポップス再前線 > 続・母と子の絆〜オカンは‘芸術家’!?facebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2016年11月30日 家族♪
続・母と子の絆〜オカンは‘芸術家’!?
ず〜っと空家になったまんまの実家の‘整理’を単独で数年前からなにしとりますが、これがも〜大変。なにしろこれまで‘捨てる’っちゅうことを一切しなかった両親なので家の中にぜ〜んぶ残されてるわけでして(泣)。オトンもオカンもそれぞれ日記を書いたりしてたし、日々のこまごまとしたメモやら会計ノート、過去の保険証、病院のカード、年賀状、結婚前から老年までの写真(60余年)、写真のネガ・フィルム、私ら兄弟が贈った写真集、小物、書籍、雑誌、未使用のいただきもの(ブランケット、財布、扇子、バッグ、タオル類、置物、お皿、掛け軸。。。)、端切れ、毛糸玉、材木(工作用)、大工道具、ステレオ・コンポ、ビデオ・デッキ、ラジカセ、演芸や音楽等をエア・チェックしたカセット(約600本)

それに、スーパーのレシート、私ら兄弟の子供時代のおもちゃ、孫が来た際のおもちゃ、バッジ類(兄弟の学生服やオカンの女学校時代の制服等に付けてたもの)、昔使ってた硯台、毛糸巻器、古い電子釜、ガス管(鍋用かと)、布団、毛布、。。。思いつくだけでも。まだまだ残ってますが(泣)。衣類はかなり処分しましたけどオカンのキモノはまだそのままですわ。

そんな中でも一番やっかい?でしたのが‘折紙’。オカンは昔から折紙細工に凝ってまして教則本の月刊誌も定期購読してましたし、大量〜〜の‘作品’をぜ〜んぶそのまま、紙箱や缶のケース等に放り込んでまして。。。新聞に挟み込まれてる広告紙をつかった作品(蝶々やら恐竜やら鳥やら)もたくさんありましたんで、昨年3月始めの葬儀の際にお棺に入れてあげました。「あとまだちょっと残ってるけどまぁそのうち片付けしよか」と軽く考えてたら。。。先般、整理作業を再開したら「ええ〜〜っなんでまだ来ない残ってるねん!」。押入れやら棚やら引き出しやら。。。あっちゃこっちゃにウンザリするほど。箱にしたら計100ぐらいもあったんちゃうか?と思うほどで。
思い切ってポンポンとビニール袋に入れて行きましたけど、捨てがたいものもかなりましまして。台紙に綺麗に貼り付けたものや額に入れて部屋に飾ってあるものは忍びなく(ごく一部の作品は記念に持ち帰りましたけど)。
思案していて「ふっ」と思い付きました。オカンは出身である女学校の同窓会館で毎月開催されてる「折り紙同好会」のメンバーで元気な時は(認知症以前)毎回通ってましたんで同窓会の事務局へ「もしあれでしたら引き取っていただけませんか?」とメールをしましたら「いただきます。同好会が開催される日に来ていただけたらありがたいです」とのことで「これで良し♪」と安堵するも持って行くものを整理してみたら。。。でかいビニール袋やバッグが計4つにもなり、仕方なく当日、実家までタクシーに来てもらって同窓会館まで運び込みました(近鉄電車で駅3つ先)。
オカンとは女学校の同期で親しい折紙仲間やったというご婦人(オカンは病気で1年休学したので学年はダブっとります)が、93歳になりはるというのにちゃんと応対してくれはりまして。オカンの思い出話やらグループホームでの生活ぶりを訊ねたり。で、お話するうちに何と何と南都雄二(もうすっかりおなじみ♪)、そのご婦人の息子さんが私とは小学校も中学校もおんなじでしかも同期生やとわかり、何というご縁かと(クラスは別でしたけど)。オカンがまだ元気な頃にそういうことがわかってたらなぁと。
そんなこんなで、オカンは大量の折紙と共にそんなエピソードも残してくれました。これは処分せんと大事に保管しときます♪

そうそう、玄関とかリビングにはこんなもんも‘オブジェ’のつもりかどうか、ブラ下げとりました。私が不要になったCD盤をあげたら加工?して。CDってこういう風な‘アート’にもあれできるんやなぁと。音楽CD以外の語学用や学校のPR用DVDとかで用済みになったら捨てずにこういうあれもありでんな。丸い銀盤(CD)にはとんと興味もない今どきの若いもんもこういうの見たらちょっとは関心が芽生えるかも?(あくまで形態だけやろけど)。

それよりも。。。私自身の仕事部屋の方が心配で(オカンの1000倍ぐらいモノを残してるんで)。
◆参考「母と子の絆〜オカンは‘童話作家’♪」(2016年9月20日)
上柴とおる 著
ポップス最前線〜東奔西走業界日誌
MMP005 (芽瑠璃堂 オリジナルグッズ)
在庫あり 2014年6月30日発売
ポイント特価1,944円 (定価2,160円)
上柴とおる
大阪府在住。レコードの販促紙(編集部)勤務を経て1980年にフリー独立。数多くのラジオ番組(FM/AM/衛星/デジタル)の選曲・構成・DJ、テレビ番組の構成等に携わる他新聞・雑誌への連載や「60年代音楽」等のムックにも参画。ライナーノーツ多数。1980年代ブームの火付け役「ウィ・アー・ザ・エイティーズ」(全7枚)や「マーキュリー60sポップ・コレクション」(全6枚)「A&M Recordsヒストリー100」 (5枚組)「魅惑のゴールデン・ヒット・ポップス 200」(10枚組:ユーキャン)、また往年の関西ロック系名盤の復刻などCDの企画・監修も。趣味は音楽よりも古い(?)「大衆演芸」「大相撲」。大の猫好き♪ミュージックペンクラブ・ジャパン会員。日本ポピュラー音楽学会会員。仕事関連や詳しいプロフ等については公式ブログをご覧下さい。
日付毎
2017年1月 (6)
2016年12月 (9)
2016年11月 (7)
2016年10月 (8)
2016年9月 (7)
2016年8月 (7)
2016年7月 (7)
2016年6月 (7)
2016年5月 (7)
2016年4月 (7)
2016年3月 (8)
2016年2月 (7)
2016年1月 (8)
2015年12月 (9)
2015年11月 (7)
2015年10月 (8)
2015年9月 (9)
2015年8月 (9)
2015年7月 (11)
2015年6月 (7)
2015年5月 (7)
2015年4月 (9)
2015年3月 (5)
2015年2月 (7)
2015年1月 (9)
2014年12月 (8)
2014年11月 (9)
2014年10月 (8)
2014年9月 (10)
2014年8月 (7)
2014年7月 (8)
2014年6月 (8)
2014年5月 (7)
2014年4月 (9)
2014年3月 (10)
2014年2月 (9)
2014年1月 (9)
2013年12月 (9)
2013年11月 (10)
2013年10月 (10)
2013年9月 (12)
2013年8月 (11)
2013年7月 (10)
2013年6月 (11)
2013年5月 (14)
2013年4月 (9)
2013年3月 (13)
2013年2月 (10)
2013年1月 (10)
2012年12月 (11)
2012年11月 (13)
2012年10月 (11)
2012年9月 (12)
2012年8月 (11)
2012年7月 (7)
2012年6月 (8)
2012年5月 (8)
2012年4月 (6)
2012年3月 (17)
2012年2月 (9)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (9)
2011年10月 (10)
2011年9月 (10)
2011年8月 (7)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (8)
2011年4月 (7)
2011年3月 (5)
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.