ポップス再前線 > 20歳の原点♪
レコードショップ芽瑠璃堂ポップス再前線 > 20歳の原点♪facebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2017年1月9日 家族♪
20歳の原点♪
「成人の日」が1月15日ではなく1月の第2月曜日(祝日にされました)になったのはもうだいぶ前のことですでに17年も前、21世紀の初っ端2000年からそうなってたんですな。けど私ら年寄り世代は15日という刷り込みがありますんで未だに馴染めませんわ。ちなみに来年(2018年)はそれがちょうど1月15日に当たりますんで久々に昔通り♪とはいえ1月15日が成人の日に制定されたのはまだほんの69年前(1948年)で戦後のこと。文明開化の頃からではなかったんですな。
しかし、毎年あれこれ取り上げられる割には実はみんなが関心持ってるわけやないっちゅうことのようで。いろいろなリサーチ結果を見てみましたが、成人式への出席率は5割〜7割程度とか4割ちょっとたらそんな按配のようでして。都会と田舎でも異なるんでしょうがちょっと‘安心’しましたわ♪半分ぐらいは「んなもん出るかい!」と。「面倒くさい」が一番の理由らしいですな。もちろん、仕事があるとか学業が多忙(浪人中の場合も)とか贅沢な衣装を揃える費用がもったいないとかもあるんでしょうが。

実は間もなく20歳の誕生日(1月29日)を迎えるうちの娘が1月9日、地元の区民センターで開催された成人式へ参加して来ました。寒いのに早朝からキモノの着付け、ヘアメイク、フォト撮影(式は10時〜12時。長いわ!)。まぁ付き添うたんはヨメハンで私しゃお家でねんねしてただけでしたが(中学や大学の受験の時は娘よりも先に起きて送り出してましたけどね♪)。
幼稚園〜小学校時代の仲良し女子組と一緒に行動してて夜は最寄駅前のホテルに再集合して新たに盛り上がって♪そういう友人関係が出来てるんなら「成人式」も集会のきっかけになるとかでちょっとぐらいは意味あるかもですけど、しかし、私しゃそういう既成のお仕着せがましい(?)セレモニーなんかより最近出始めた「母校主催」の成人パーティーの方に注目してます。うちの娘も‘お仕着せ’に先んじて今月5日、中高一貫の母校(大学併設校:進学したのは別の大学ですけど)が主催する祝宴(学校に近いちょっとええホテルで開催)に参加してました。まぁそれ用に新たな‘パーティ・ドレス’を買われてしまいましたけど(泣)。中学校の校区ごとに開催したりする例も出て来たようですが、一緒に参加する仲間がいないという子らへの気配りもそんな背景にあるとか。私は‘公的な同窓会’が一番ええと思います。たいがい馴染めるし。自治体が市区町村内の該当者を事務的に集めて誰や知らん市会議員みたいなオッサンが出て来るとか(選挙目当てとしか思えまへんな)、んなもん今後一切止めるべきですな。
私が成人式を迎えたのは1972年。学園紛争はもう‘残り火’になってた時代でしたけど意識的には「あんなもんに出るなんて」。当時は大学2回生で1月と言えば後期試験の真っ最中。まともに授業へ出てなかった私は準備に忙殺?されてましたんでそれどころや無かったんですな。当日の日記をそのまんまあれしときます。
◆1972年1月15日(土):曇り時々晴、夜一時小雨
『‘試験スタデイ’をやったりして過ごしていた。しかし、試験は不安やなぁ。いけんのかいな。きょうは成人式‘らしい’。わいはスタディで忙しいし、だいいち行くのんイヤや。‘大人’を意識してまうから絶対やめや。けど記念品だけはもろたるねん。「行かなアカン」ような気にさせられてるみたいや。旧友たちが顔を合わすということもあるがそれなら一生に一度しかないのはイカンなあ。10年ごとぐらいに何か祝日を設けて、旧友との交友を深めたらええのにー。リクツ言わんでもわいは成人式がキライやねん。一人で‘スネ’てるのんが好きや』
まことにもって。。。今の私にもそのまんま通じるようなヒネクレ(イジケ)ようで♪20歳の頃と考えも変わってませんな。これが私の‘原点’ですわ。
まぁ思い返せば式に参加するためのスーツとか全く持ってなかったしそういうのを着るのがすごくイヤやったということもあったんかも(背広を強要?されるような職業にも就きたくないと)。もちのろん、後日‘記念品’(しょうむない湯呑茶碗やったような)を東大阪の市役所まで取りに出向きました。大学の友人の居住地では万年筆やったとか聞かされて悔しい思いをしましたわ。「お前とこは何くれよったんや?」てな話では盛り上がりましたけどね♪

1972年1月15日付のビルボード誌HOT100のNo.1はドン・マクリーンの「アメリカン・パイ」。
去年、アルバムがCD化された際には解説を書かせてもらいました。ええ記念です♪下位の91位に赤丸印もなく初登場していたのが私の大好きなチャカチャスの‘ヤラシイ’楽曲「恋のジャングル(Jungle Fever)」(最終的には3月25日〜4月8日に最高8位)。
シングル盤を買って‘あっち方面’に目覚めました。これも私の原点ですわ♪
ドン・マクリーン
アメリカン・パイ+2
UICY15489 (ユニバーサル ミュージック)
在庫あり 2016年3月30日発売
ポイント特価1,750円 (定価1,944円)
チャカチャス
ジャングル・フィーヴァー+1
CRCD3597 (クリンク レコード)
在庫あり 2014年6月25日発売
ポイント特価2,295円 (定価2,700円)
上柴とおる 著
ポップス最前線〜東奔西走業界日誌
MMP005 (芽瑠璃堂 オリジナルグッズ)
在庫あり 2014年6月30日発売
ポイント特価1,944円 (定価2,160円)
上柴とおる
大阪府在住。レコードの販促紙(編集部)勤務を経て1980年にフリー独立。数多くのラジオ番組(FM/AM/衛星/デジタル)の選曲・構成・DJ、テレビ番組の構成等に携わる他新聞・雑誌への連載や「60年代音楽」等のムックにも参画。ライナーノーツ多数。1980年代ブームの火付け役「ウィ・アー・ザ・エイティーズ」(全7枚)や「マーキュリー60sポップ・コレクション」(全6枚)「A&M Recordsヒストリー100」 (5枚組)「魅惑のゴールデン・ヒット・ポップス 200」(10枚組:ユーキャン)、また往年の関西ロック系名盤の復刻などCDの企画・監修も。趣味は音楽よりも古い(?)「大衆演芸」「大相撲」。大の猫好き♪ミュージックペンクラブ・ジャパン会員。日本ポピュラー音楽学会会員。仕事関連や詳しいプロフ等については公式ブログをご覧下さい。
日付毎
2017年1月 (5)
2016年12月 (9)
2016年11月 (7)
2016年10月 (8)
2016年9月 (7)
2016年8月 (7)
2016年7月 (7)
2016年6月 (7)
2016年5月 (7)
2016年4月 (7)
2016年3月 (8)
2016年2月 (7)
2016年1月 (8)
2015年12月 (9)
2015年11月 (7)
2015年10月 (8)
2015年9月 (9)
2015年8月 (9)
2015年7月 (11)
2015年6月 (7)
2015年5月 (7)
2015年4月 (9)
2015年3月 (5)
2015年2月 (7)
2015年1月 (9)
2014年12月 (8)
2014年11月 (9)
2014年10月 (8)
2014年9月 (10)
2014年8月 (7)
2014年7月 (8)
2014年6月 (8)
2014年5月 (7)
2014年4月 (9)
2014年3月 (10)
2014年2月 (9)
2014年1月 (9)
2013年12月 (9)
2013年11月 (10)
2013年10月 (10)
2013年9月 (12)
2013年8月 (11)
2013年7月 (10)
2013年6月 (11)
2013年5月 (14)
2013年4月 (9)
2013年3月 (13)
2013年2月 (10)
2013年1月 (10)
2012年12月 (11)
2012年11月 (13)
2012年10月 (11)
2012年9月 (12)
2012年8月 (11)
2012年7月 (7)
2012年6月 (8)
2012年5月 (8)
2012年4月 (6)
2012年3月 (17)
2012年2月 (9)
2012年1月 (12)
2011年12月 (11)
2011年11月 (9)
2011年10月 (10)
2011年9月 (10)
2011年8月 (7)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (8)
2011年4月 (7)
2011年3月 (5)
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.