one man dog, obi one blog 2 > 2014年3月
レコードショップ芽瑠璃堂one man dog, obi one blog 2 > 2014年3月facebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2014年3月18日 小尾隆の日誌 本館
アレックスの肖像
今日は故アレックス・チルトンの命日でした。不遇に終わったビッグ・スター時代でさえ、今やパワー・ポップの開祖として根強い支持を得ていますし、ソロになってからの風来坊のような歩みは、より親しみをもって心に染み渡ります。彼のエピソードにこういうものがあります。米Rolling Stone誌のヴェテラン記者デヴィッド・フリクルはチルトンを以下のように考察するのでした。「大抵の人々は”それは面白そうだね!今 ...
続きを読む
2014年3月12日 小尾隆の日誌 本館
佐野元春「荒地の何処かで」
優れた歌とは一体どんな歌なのだろう 皮膚の隅々にまで染み渡る歌とはどういう種類のものだろう 時々そんなことを考える 言葉で時事を説明すればいいというものではない 抵抗や判事を装ってみても 取って付けた態度はすぐ剥がれる もっと強度のあるリリックが欲しい 長く続く線路のような 21世紀になってからの佐野元春を聞いていると 歌詞を削ぎ落したぶん 聞き手に想像の余地を残す作風に驚か される まるで歌 ...
続きを読む
2014年3月2日 小尾隆の日誌 本館
思い出のライナーノーツ
たまに昔自分が書いた解説を引っ張り出し読んでみて恥ずかし くなることがあります。とくに20年前のものなんか青臭くって もう嫌になってしまうことがしばしば。ああ91年当時はぼくも まだ30代になったばかりだったんだなあ〜、などと感慨に耽る のでした。 英シーフォーマイルズが編集した写真のCDもそんな一枚。デイ ヴ・エドモンズの初期、つまり彼がまだヒューマン・ビーンズ やラヴ・スカルプチャーといっ ...
続きを読む
2014年3月2日 小尾隆の日誌 本館
3月のあまのぢゃく
1日は池袋のフリーフロウ・ランチであまのぢゃくのライブを 楽しんだ。ドブロ、ギター、マンドリン、ウッド・ベースと四 人が並ぶ姿こそブルーグラスの編成を思わせるが、そういう言 い方が少しもったいないような自由闊達さを彼らの音楽に感じ た。ブルーグラスであればファストな曲での速弾きとか、ビル ・モンローからスタンリー・ブラザーズに至る課題曲とかにつ い走りがち。しかしあまのぢゃくの場合は一曲の進捗が変 ...
続きを読む
小尾隆
(オビ タカシ)
音楽著述業/1958年東京都生まれ。1990年から自分の歩調で執筆活動を続けている。代表著作に『Songs-70年代アメリカン・ロックの風景』 (1997年)があり、増補改訂された同書の2007年版が日本図書館協会の推薦図書に指定に。
趣味は大衆文学とウォーキング。ギタリストではデイヴ・メイソンやヘンリー・マカロックなど、”遅弾き”の人がとくに好きです(笑)。
日付毎
2017年1月 (19)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (10)
2016年9月 (21)
2016年8月 (13)
2016年7月 (6)
2016年6月 (13)
2016年5月 (9)
2016年4月 (11)
2016年3月 (9)
2016年2月 (15)
2016年1月 (16)
2015年12月 (8)
2015年11月 (11)
2015年10月 (19)
2015年9月 (5)
2015年8月 (11)
2015年7月 (12)
2015年6月 (11)
2015年5月 (7)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (12)
2015年1月 (10)
2014年12月 (14)
2014年11月 (12)
2014年10月 (13)
2014年9月 (31)
2014年8月 (21)
2014年7月 (22)
2014年6月 (9)
2014年5月 (11)
2014年4月 (11)
2014年3月 (4)
2014年2月 (9)
2014年1月 (13)
2013年12月 (15)
2013年11月 (11)
2013年10月 (20)
2013年9月 (14)
2013年8月 (15)
2013年7月 (17)
2013年6月 (24)
2013年5月 (27)
2013年4月 (36)
2013年3月 (18)
2013年2月 (23)
2013年1月 (53)
2012年12月 (33)
2012年11月 (44)
2012年10月 (33)
2012年9月 (5)
2012年8月 (4)
2012年7月 (17)
2012年6月 (16)
2012年5月 (29)
2012年4月 (22)
2012年3月 (32)
2012年2月 (16)
2012年1月 (27)
2011年12月 (38)
2011年11月 (19)
2011年10月 (23)
2011年9月 (25)
2011年8月 (25)
2011年7月 (29)
2011年6月 (13)
1970年1月 (1)
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.