one man dog, obi one blog 2 > もはや都市伝説となった出禁女にご用心!
レコードショップ芽瑠璃堂one man dog, obi one blog 2 > もはや都市伝説となった出禁女にご用心!facebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2017年1月2日 小尾隆の日誌 本館
もはや都市伝説となった出禁女にご用心!
今日は性悪女の話をしましょう。むろん実話です。音楽バーともなれば、知らない相手でも共通の話題があり近くに座っていれば二言三言会話するのがまあ礼儀ですよね。まして店主に紹介されたような場合は彼の顔も立てなきゃいけません。ここら辺をめんどうだと感じる方は一人家で音楽聞いていればいいんだし。相手は妙齢のOLさんでした。仮にMさんとしておきましょうか。ある日のことMさんが「マッド・エイカーズのレコードが見つからない」と嘆いていました。オレは頻繁にレコ屋さんに行くタイプであり、その盤を以前から割と見かけてきたので「今度見たら買っておきますよ」と親切心にも声を掛け、また後日実際に見つけたので、レコをお店に預けておきました。自分が持っていないアルバムならともかく、学生時代から愛聴してきた作品なので、それを探している同好の士としてMさんの「欲しい!」という申し出を快く受け止めたのでした。オレもそろそろ後進に伝える役柄かなと思い始めた頃やったしな。その後しばらく彼女の姿を見ないなあ〜なんて思っていたら、Mさんがとんでもない大言壮語を撒き散らしていたので驚愕しました。曰く「オビさんはレコードを肴に私を口説こうとしている!」といった被害妄想話でした。それを聞いた時、咄嗟に思ったのは「あのな、オレだって選ぶ権利があるで…この◯スが!」幾つかのお世辞は言ったかもしれませんが、人の好意を仇にして返すようなMさんに怒りと失望を感じずにはいられませんでした。よくテレビで痴漢と間違われ冤罪になってしまった男性のニュースが報道されたりしますね。被害者の気持がこの時やっと判ったような気がします。しかもオレの場合は親切心でレコを探してあげただけなのに...。こういう誇大妄想のクソ女はきっと他のバーでも同じようなことを繰り返しているに違いありません。幸いにもバーのマスターが冷静に物事を把握出来る人なので、オレに同情してくださり、Mさんはしばらくして出禁になったそうです。まあ自業自得だわな。しゃあしゃあと「お礼にビールでも」なんて言いながら、レコ探しに対する感謝の一言も労いの一杯もついぞなかったよ!
 
e0199046_1143318.jpg
 
# one man dog, obi one blog 2〜小尾隆の日誌 exblog本館
小尾隆
(オビ タカシ)
音楽著述業/1958年東京都生まれ。1990年から自分の歩調で執筆活動を続けている。代表著作に『Songs-70年代アメリカン・ロックの風景』 (1997年)があり、増補改訂された同書の2007年版が日本図書館協会の推薦図書に指定に。
趣味は大衆文学とウォーキング。ギタリストではデイヴ・メイソンやヘンリー・マカロックなど、”遅弾き”の人がとくに好きです(笑)。
日付毎
2017年1月 (20)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (10)
2016年9月 (21)
2016年8月 (13)
2016年7月 (6)
2016年6月 (13)
2016年5月 (9)
2016年4月 (11)
2016年3月 (9)
2016年2月 (15)
2016年1月 (16)
2015年12月 (8)
2015年11月 (11)
2015年10月 (19)
2015年9月 (5)
2015年8月 (11)
2015年7月 (12)
2015年6月 (11)
2015年5月 (7)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (12)
2015年1月 (10)
2014年12月 (14)
2014年11月 (12)
2014年10月 (13)
2014年9月 (31)
2014年8月 (21)
2014年7月 (22)
2014年6月 (9)
2014年5月 (11)
2014年4月 (11)
2014年3月 (4)
2014年2月 (9)
2014年1月 (13)
2013年12月 (15)
2013年11月 (11)
2013年10月 (20)
2013年9月 (14)
2013年8月 (15)
2013年7月 (17)
2013年6月 (24)
2013年5月 (27)
2013年4月 (36)
2013年3月 (18)
2013年2月 (23)
2013年1月 (53)
2012年12月 (33)
2012年11月 (44)
2012年10月 (33)
2012年9月 (5)
2012年8月 (4)
2012年7月 (17)
2012年6月 (16)
2012年5月 (29)
2012年4月 (22)
2012年3月 (32)
2012年2月 (16)
2012年1月 (27)
2011年12月 (38)
2011年11月 (19)
2011年10月 (23)
2011年9月 (25)
2011年8月 (25)
2011年7月 (29)
2011年6月 (13)
1970年1月 (1)
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.