one man dog, obi one blog 2 > NRBQ『GOD BLESS US ALL』
レコードショップ芽瑠璃堂one man dog, obi one blog 2 > NRBQ『GOD BLESS US ALL』facebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2017年1月6日 小尾隆の日誌 本館
NRBQ『GOD BLESS US ALL』
NRBQ史上最強のメンバーによる87年4月のライブ盤が『GOD BLESS US ALL』だ。今ではテリー・アダムズ&Qといったニュアンスで活動しているが、この頃はテリー(kbd)ジョーイ(b) アル(g)トム(ds)と強者揃いで、各自の個性が際立ちつつ全員がバンドに貢献するという得難い時期だった。そしてホール・ホウィート・ホーンズが帯同していた。やはりアル・アンダーソンのキレキレ・ギターが凄い!そこにピアノとクラヴィネットを両刀使いするテリーがタメを張り、リズム隊がしなやかなビートで合流するという贅沢さだ。録音された会場はハートブレイク・ホテルといういかにもな名前のラウンジで、全米のロード・ハウスを回ってきたQに相応しいものとなっている。クラブ・バンドらしく親しげに語りかけてくるロックンロールがどこまでも愛しい。まさに最高のバー・バンドだ!カバーではビリー・スチュワートの名バラードSITTIN' INTHE PARKとジョー・タナーのSHAKE, RATTLE &ROLLを演奏している。なお同時期のQのライブ盤に『DIGGIN'UNCLE Q』があるので、そちらも姉妹編として併せて聞いておきたい。そっちでは何とカラオケでビリー・ジョエルの「素顔のままで」まで歌っている(笑)私がNRBQを観たのはこの時から10年以上も経ってからのことで、既にアルは脱退していたが、それでも99年と2000年に行われた吉祥寺のスターパインズ・カフェ公演は今も心に残る最高のステージとなった。一時期あまりに情熱を注いだバンドだけに、それからはどうしても後日談的になってしまうことを許して頂ければと思う。なお最後にQサウンドの秘密を解くようなテリーの発言を引用しておこう。「かつてのセロニアス・モンクはどんなロック・バンドよりもスウィングしていたよ!」
 
e0199046_0131951.jpg
 
# one man dog, obi one blog 2〜小尾隆の日誌 exblog本館
小尾隆
(オビ タカシ)
音楽著述業/1958年東京都生まれ。1990年から自分の歩調で執筆活動を続けている。代表著作に『Songs-70年代アメリカン・ロックの風景』 (1997年)があり、増補改訂された同書の2007年版が日本図書館協会の推薦図書に指定に。
趣味は大衆文学とウォーキング。ギタリストではデイヴ・メイソンやヘンリー・マカロックなど、”遅弾き”の人がとくに好きです(笑)。
日付毎
2017年1月 (20)
2016年12月 (21)
2016年11月 (17)
2016年10月 (10)
2016年9月 (21)
2016年8月 (13)
2016年7月 (6)
2016年6月 (13)
2016年5月 (9)
2016年4月 (11)
2016年3月 (9)
2016年2月 (15)
2016年1月 (16)
2015年12月 (8)
2015年11月 (11)
2015年10月 (19)
2015年9月 (5)
2015年8月 (11)
2015年7月 (12)
2015年6月 (11)
2015年5月 (7)
2015年4月 (12)
2015年3月 (9)
2015年2月 (12)
2015年1月 (10)
2014年12月 (14)
2014年11月 (12)
2014年10月 (13)
2014年9月 (31)
2014年8月 (21)
2014年7月 (22)
2014年6月 (9)
2014年5月 (11)
2014年4月 (11)
2014年3月 (4)
2014年2月 (9)
2014年1月 (13)
2013年12月 (15)
2013年11月 (11)
2013年10月 (20)
2013年9月 (14)
2013年8月 (15)
2013年7月 (17)
2013年6月 (24)
2013年5月 (27)
2013年4月 (36)
2013年3月 (18)
2013年2月 (23)
2013年1月 (53)
2012年12月 (33)
2012年11月 (44)
2012年10月 (33)
2012年9月 (5)
2012年8月 (4)
2012年7月 (17)
2012年6月 (16)
2012年5月 (29)
2012年4月 (22)
2012年3月 (32)
2012年2月 (16)
2012年1月 (27)
2011年12月 (38)
2011年11月 (19)
2011年10月 (23)
2011年9月 (25)
2011年8月 (25)
2011年7月 (29)
2011年6月 (13)
1970年1月 (1)
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.