愛すべき音楽よ > AOR
レコードショップ芽瑠璃堂愛すべき音楽よ > AORfacebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2014年8月11日 AOR
[AOR] Allman and Woman / Two The Hard Way ( Warner/Lost Diamonds / 1977 )
お陰様で新作CD、細々とではありますが、温かい反応を頂いており、本当に励みになります。どんなものでもそうですが、世に出るまでは、受け入れられるだろうか、とか、色々不安があるものでして… 国分寺・立川の老舗レコード店の珍屋さんでは素晴らしいレビューを書いて頂いたり(http://blog.livedoor.jp/mezurashiya/archives/52043064.html)、シンガ ...
続きを読む
2014年7月13日 AOR
[AOR] Stephen Bishop / be here then ( General Records / 2014 )
ひっそりとリリースされていたスティーヴン・ビショップの新作『be here then』。もう62歳なんですね。バーコード付きでアマゾンでも流通しているけれど、ほぼ自主リリースの体裁。CD Babyなんかで売ることを前提としたような盤かな。ダウンロードが主流な世界の情勢だけれど、往年のミュージシャンの新作だから、フィジカルなブツで届くとホッとするような所がある。 デビュー前後はシンガー・ソ ...
続きを読む
いしうらまさゆき
武蔵野発のシンガー・ソングライター、音楽雑文家。1979.10.5 東京生。2005年から1万枚を超えるライブラリーから選び出したレコード&CDレビューを中心としたブログを運営し、レコードコレクターとしてピエール瀧氏の番組 『コミック牙』内のコーナー『DJ TASAKAのレコード供養』などに出演。Records Are Like Lifeを実感するべく、せっせとレコード屋に通う毎日。
 
2011年にエレック・レコードのスタッフを迎えた’70年代フォークのオマージュ盤『蒼い蜜柑』(元ピピ&コット金谷あつしProd)でデビュー。2014年にはラッパーEARVINとの異色共演を含むフォーク・アルバム『語りえぬものについては咆哮しなければならない』(馬下義伸プロデュース)をリリースし、文学的な歌詞の世界と’60〜’70年代を想起させるウェルメイドな楽曲群が数々の音楽誌で高い評価を得た。2015年9月にはバンドスタイルによる4枚目『作りかけのうた』(MASH RECORDS [ウルトラ・ヴァイヴ])をリリース!
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.