愛すべき音楽よ > 2015年7月
レコードショップ芽瑠璃堂愛すべき音楽よ > 2015年7月facebooktwitterRSSがるり堂クリンクOLDAYS
検索

2015年7月30日 コラム
[コラム] Kenny Altmanが好き!
The Fifth Avenue Band(FAB)と言うと、60年代のグリニッジ・ヴィレッジ・シーンの中でも玄人受けするバンドだったように思う。前身のThe Strangersもそう。R&Bの影響下にあるフォーク・ロック・サウンド。実は永遠のアマチュアリズムみたいなものが魅力なのかな。James TaylorやDanny 'Kootch' KortchmarのいたThe Flying ...
続きを読む
2015年7月25日 コラム
[コラム] 白い冬
この暑い夏に白い冬というのも唐突だけれど… 先日レビューで取り上げたウェイン・カーソンが今月亡くなった、というニュースにびっくりしていたら、今度は音楽の世界ではないけれど、鶴見俊輔さんが亡くなったと知り愕然としてしまった。何を隠そう『図書』に2003〜2009年の間連載されていた「一月一話」(『思い出袋』として新書化された)でファンになってしまった訳だけれど、関心のあった60年代について ...
続きを読む
2015年7月16日 SSW
[SSW] Charlie Starr / Tough & Tender(Prophesy Records / 1971)
行きつけのレコード屋で会計を済ませた後「こんなの持ってますか?」と聴かれたのが盲目のSSW、チャーリー・スターの『Tough & Tender』。ジェイムス・テイラーやキャロル・キングなどのスワンピーなカバーも含む大好きな盤だ。 「それ大好きで持っています!」と答えるとどうも店長さん、A-1にちょっとだけビニヤケがあるので、プレゼントしようと思っていたらしい。こんなご厚意を無にし ...
続きを読む
いしうらまさゆき
武蔵野発のシンガー・ソングライター、音楽雑文家。1979.10.5 東京生。2005年から1万枚を超えるライブラリーから選び出したレコード&CDレビューを中心としたブログを運営し、レコードコレクターとしてピエール瀧氏の番組 『コミック牙』内のコーナー『DJ TASAKAのレコード供養』などに出演。Records Are Like Lifeを実感するべく、せっせとレコード屋に通う毎日。
 
2011年にエレック・レコードのスタッフを迎えた’70年代フォークのオマージュ盤『蒼い蜜柑』(元ピピ&コット金谷あつしProd)でデビュー。2014年にはラッパーEARVINとの異色共演を含むフォーク・アルバム『語りえぬものについては咆哮しなければならない』(馬下義伸プロデュース)をリリースし、文学的な歌詞の世界と’60〜’70年代を想起させるウェルメイドな楽曲群が数々の音楽誌で高い評価を得た。2015年9月にはバンドスタイルによる4枚目『作りかけのうた』(MASH RECORDS [ウルトラ・ヴァイヴ])をリリース!
 
以前のトップページはコチラ
Copyright © 2005-2017 芽瑠璃堂 All Right Reserved.